ホワイトニングの方法

ホームホワイトニングを実際にやるとなれば、まずは歯医者にいかなくてはいけません。ただ、その後何度も通院するということはなく、自宅でじっくりとホワイトニングを行うことができるのです。このため、この方法をホームホワイトニングと言うのです。

さてこのホームホワイトニングですが、どのように行うのでしょう。まず、歯医者で歯の型を取ってもらいマウスピースを作ってもらいましょう。このマウスピースにホワイトニング剤を注入し、それを毎日数十分から数時間噛んで歯に薬剤を染み渡らせるのです。注意点として、とにかく着色性の飲食物は避けてください。コーヒーやチョコレート、あるいはケチャップやキムチなども、せっかくのホワイトニングを台無しにしてしまう恐れがあります。また、装着中は飲食ができませんし、他人と喋ることもできません。仕事や生活サイクルとよく照らし合わせておく必要があります。また、その期間ですが自宅で行えるということで、薬剤の濃度はかなり低くなっています。効果が現われるまでには、2~8週間はかかります。

ただ歯への負担も少なく、自分が望む白さになるまで続けられ、色の後戻りもしにくいのがメリットです。自宅で白い歯を取り戻せるホームホワイトニング。歯医者もおすすめの方法です。

どうして白くなるのか

笑った時や話すときに覗く歯は、真っ白な方がやはり若々しく見えます。最近はこのホワイトニングも一般的になっていて、ドラッグストアなどでは、専門のはみがきも多く市販されています。もちろん歯医者でもホワイトニングできますし、多くの人が歯に気を遣う時代になりました。

そんな中、ホームホワイトニングという方法に今、注目が集まっています。これは歯医者に通院して行うオフィスホワイトニングとは対照的に、自宅で行うホワイトニングのこと。方法としては、歯医者でマウスピースを作ってもらい、そこへホワイトニングの薬剤を入れ、自宅で毎日数十分から数時間装着し歯を白くしていくのです。

歯は元々黄色がかった色をしています。歯の表面にはエナメル質があり、その下には象牙質があります。エナメル質は無色透明ですから、その下の象牙質が透けて見えるのです。ですから、ホームホワイトニングの仕組みとしては、まずホワイトニング剤の主成分である過酸化水素と過酸化尿素を熱によって酵素と水に分解します。そしてこの酵素が、歯のエナメル質と結合し象牙質の色が透けないようにするのです。いわゆる擦りガラスのような効果と思ってください。これにより、本来の色よりもっと白く見えるようになるのです。

ホームホワイトニングとは

笑ったときに、口から覗く真っ白な歯。しかし歳を取るにつれ、その白かった歯は徐々に黄ばんでいきます。歯が黄ばんでくると、実年齢よりも老けた感じに見られ、人前で歯を見せて笑うことさえためらいがちになります。人によく見られたいというのは、誰もが同じで、今その歯を白くするホワイトニングに人気が集まっています。このサイトは、そのホワイトニングの中でも自分でできる、ホームホワイトニングについて解説していきます。ぜひ、参考になさってください。

さて、ホームホワイトニングですが一番大きなメリットとしてはその名の通り、自宅でできることが挙げられます。もちろん、最初はマウスピースを作ってもらうため、歯医者にいかなければいけませんが、その後は通院することもなく、自宅に居ながら真っ白な歯を手に入れられるのです。ホームホワイトニングは、マウスピースにホワイトニング用の薬剤を注入し、それを数十分ないし数時間装着して歯を白くしていくというもの。期間としては2~8週間ほどです。歯への負担も少なく、しかも自分が納得いく白さになるまで続けられるのが特徴です。

注意点としては、色が付きやすい食べ物を避けることでしょう。コーヒーやカレーなどはホワイトニングの天敵です。また、装着している間は、飲食や会話ができません。仕事や生活に支障をきたすのであれば少し方法を考える必要があるでしょう。自宅で簡単にできるホームホワイトニング。歯医者さんもおすすめのホワイトニングです。